読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

【幼稚園児にオススメ】おばあちゃんが大好きになる素敵な絵本3冊

小学生の娘が、

昨日、義母に甘えまくっているのを見て、

「正直、うらやましいなぁ」と思いました。

わたしの父方の祖母も、母方の祖母も

わたしが生まれる前に亡くなっていたので、

「おばあちゃん」という存在がいまいちピンときません。

祖父にはすごくかわいがってもらいましたが。

 

こんばんは。

わかばです。

 

久しぶりにオススメ絵本の紹介です。

今日はそんなおばあちゃんにまつわる珠玉の3冊を紹介します。

 

1冊目

ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ (世界こども図書館B)

ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ (世界こども図書館B)

 

 男の子が一人でおばあちゃんちにいく話。

まぁ冒険ものでしょうか。

電話で「まっすぐおいで」と言われて、まっすぐ行くものの、

その行く手には、さまざまな困難が・・・。

男の子は無事おばあちゃんのうちにたどりつけるのか!

人生は冒険。

こどもたちが困難を乗り越えて、まっすぐに生きることを

願わずにはいられない作品です。

 

2冊目

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 これは私もすごく好きな1冊。

孫の健やかな成長を願うおばあちゃんの愛に溢れた一冊です。

おばあちゃんがあきが生まれた時にくれたぬいぐるみのコンは、

不思議なことに生きているのです!駅で駅弁買ってくれたりします!

まぁ、それくらいこどもにとっては大切なお友達と言うことでしょう。

これも、コンがほつれてきたので、おばあちゃんに直してもらいにいく

(しかも電車で!)という冒険もの。

しかも旅するのは女の子ということで、暗くなって、道に迷って・・・

というこちらもハラハラの展開。

おばあちゃんとの再会の場面は泣けました・・・。

英語版もあるんですね。

こんとあき (英語版) ―Amy and Ken Visit Grandma (with CD)

こんとあき (英語版) ―Amy and Ken Visit Grandma (with CD)

 

 林明子さんの作品は、ほのぼのして、愛に満ち溢れていて好きです。

3冊目

ばばばあちゃんのおもちつき (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

ばばばあちゃんのおもちつき (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

 ご存知!ばばばあちゃんシリーズ!

ばばばあちゃんは、何でもできるスーパーウーマン!

炊飯器のご飯で五平餅をつくったり、

いろんなお餅を作ってくれます。

小さなことは気にしない!いつもどっしり構えて、

多少のことはわらいとばしてくれそうなそのキャラクターは

一家に一人はいてほしい逸材です。

料理本としても活用できると思います。

 

以上、三冊です。

わたしはもしかしたら、絵本の中でおばあちゃんに会えたのかもしれません。

 

みんなにおばあちゃんの愛を。

では、また~。

 

関連記事☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com