読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

お題【2016上半期】映画館でみて良かった映画ランキング10位~6位

今年はしっかり雨の降る梅雨らしい梅雨ですね。

いつも天気予報をしっかり見ないので、

出かけた先で雨に降られて、コンビニでビニール傘を買う日々です。

そのビニール傘が家にたまっているかと思いきや、

どこぞに持って行って忘れてきてしまいます。

そんなわたしにもお気にいりの傘がありまして、

こちらをもう6年使っています。

アウトレットで1000円で買いました。

置き忘れても、戻ってくる生きているとしか思えない傘です。

 

こんばんは。

わかばです。

 

2016年映画館でみてよかった映画

お題「2016年上半期」ということで、

わかば的2016年上半期に映画館でみてよかった映画の

ランキングを発表しまーす。

わたしがこの半年間に映画館でみた作品は全部で13作品です。

(うーん、ちょっと少ない・・・ブログを書く以上もっと観たい!)

その中から、10作品を選んでランキングしてます。

ランキングもれした3作品は何なのかも気になりますが・・・

そんなこんなで10位から行ってみましょう!

 

10位 最高の花婿

国際結婚や異文化摩擦をおもしろおかしく描いたコメディ。

でも、最後はちょっとほろっとさせられます。

「違いを楽しむ」「認め合う」って難しい。

だけど、けんかしたからこそわかる相手の良さもあるって教えてくれます。

ちゃんと相手に向き合うことが大事。

 


映画『最高の花婿』予告編

wakaba78.hatenablog.com

 

9位 牡蠣工場

長編ドキュメンタリー。

とてつもなく長いし、不要なシーンがたくさんあるしで、

映画のつくりはいまいちだなと思っていたんですが、

よくぞ、このテーマを取り上げてくださいましたってことでランクイン。

来るべき時代の潮の匂いがします。


『牡蠣工場』劇場予告編

wakaba78.hatenablog.com

 

8位 最愛の子

これもよかったですね~。

現代の中国の問題をあぶりだしつつ、

親と子は何か?愛情とは何か?を考えさせる社会派の作品です。

でも、ラストシーンの意味がいまいちスッキリしないんです。

あれはどういう意味だったんだろ?


映画『最愛の子』予告編

wakaba78.hatenablog.com

 

7位 ズートピア

7位は観たばかりのこちらです。

大人が観ても楽しめる作品ってことでランクイン。

映像もすごくきれいでワクワクします。

娘たちは、ナマケモノにシーンで大爆笑してまして、

しばらくナマケモノのものまねが我が家で流行しました。


『ズートピア』予告編

 

wakaba78.hatenablog.com

 

6位 キャロル

なぜか不幸な影を背負っている美しい人キャロルと

夢中になるテレーズの同性愛を描く映画。

出会い、愛を通して自分と向き合っていくテレーズが素敵。

そして、キャロルも偽りだらけの自分の人生をやり直していく。

全作品を通して、セピア色のような映像がなんとも哀愁漂う一本です。

wakaba78.hatenablog.com

 

以上でした。

5位から1位も6月中にアップする予定です。

下半期はもっと映画観にいけるよう願いつつ・・・

 

下半期にも素敵な映画を。

では、また~。

 

映画のまとめ記事☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com