読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

テレビ【真田丸】人はおもしろいについてくる!

前期の修了式が終わり、

完全燃焼して、もぬけの殻のようになっています。

あぁ、もうただひたすら寝ていたい。

 

こんばんは。

わかばです。

 

わたしは大河ドラマが大好きです。

www.nhk.or.jp

特に今年の大河ドラマは前々からすごく楽しみにしていたんですが、

なんとなくタイミングを逃してしまって、

録画はしていたものの、ずっとみていませんでした。

そこで、ちょっと時間もできたし、見てみようと思ったら、

すっかりハマってしまったというわけです。

 

真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

語り

語りは、オープニングのあとだけに入る形です。

それが、ふつうの時代劇ドラマでは「真田は徳川と敵対していた。」

と「~ていた」の形で語るのが普通だったと思うのですが、

今回「~している」とまさに現在進行形で語られるところが、

臨場感があっていいです。

こういうの一つとっても、「あ、なんか違うなあ」って

見る人に思わせる三谷幸喜、さすがです。

 

キャスト

主人公の真田信繁を演じる堺雅人はいつもの通りですが、

周りを固める人々がいいですねぇ。

草刈民雄演じる、真田昌幸は「キレ者であり、チャーミング」な

戦国武将を演じているし、

黒木華演じる最初の妻、お梅はもうひたすらかわいい。

大泉洋演じる真田信幸もいいですねぇ。

てか、大泉洋はいろんな役できるんですねー。

いろいろと大変な高畑淳子もいつもの感じで、

いいキャラになっています。

 

新選組?!

それから、信繁が大阪城に入ったあたりからは、

山本耕二演じる石田三成

小林隆演じる片桐且元が信繁と話しているシーンは、

2004年の大河ドラマ新撰組!」を思い出さずには

いられませんでした。

でも、ずっと見ているとこれは「真田丸」なんだって

思えてくるので不思議です。

 

新しさ!

印象では、「新撰組!」と比べても、

あまり喜劇要素といか、

くすっと笑えるところがあまりなく、

ちゃんとした大河って感じがするんですが

 どうでしょうかね~。

それでいて、いろいろと新しさを感じます。

 

苦悩

最近の大河では、主人公がやたらと活躍する、

または、やたらといい人が多かったのですが、

今回は、悪いところも失敗もいっぱい描いて、

苦悩する姿が描かれていて、そこにすごく共感します。

わたしが好きな回のひとつに「祝言」の回があるのですが、

そこでは、信繁の父は、息子の祝言さえも謀略に利用し、

祝言の宴の最中に、人を殺してしまいます。

そんな非常なやり方に、信繁は傷つきもしない自分を

責めます・・・。

そういう苦悩に共感します・・・。

 

人はおもしろいについてくる

真田の兄弟について、父、昌幸はこう語っています。

「信幸はまっすぐで、真面目で失敗もしない。が、おもしろくない。

 信繁は向こう見ずで失敗もしないが、おもしろい。

 人はおもしろいについてくる。」

それは、だから二人力をあわせるんだよって言う話だったんですが、

その通りやなって思いました。

 

しばらく、ハマリそうです~。

ちょっとこれ書きながら見てる回もすごい~。

 

日曜8時に真田丸を。

では、また~。

 

テレビの話、いろいろ☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com