読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

シネマ歌舞伎【ワンピース】男子のワンピース愛を歌舞伎で表現したワクワクドキドキのステージ

今日は娘の学芸会でした。

「なんだかなぁ」なクラスあり、

「お!これは!」と思うクラスありで、

先生の本気度が透けて見えるようだなぁと思っておりました。

 

こんばんは。

わかばです。

 

スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」

最初、聞いたときは「ウソでしょ?」と思いましたが、

おもしろいと噂で観てみたかったワンピース歌舞伎。

シネマ歌舞伎になったというわけで、早速、MOVIX京都へ。


【10/22公開】シネマ歌舞伎『ワンピース』予告

「海賊王にオレはなるうううううう」って猿之助さん・・・。

白塗りにして、ルフィは一応、色男の分類なのですね。

 

ワンピースと私

大学生の頃、友達がすごくワンピースにはまっていたんですよね。

わたしはあまり少年漫画を読むという習慣はないので、(少女漫画は読みます)

「ふうん」くらいの感覚でいたのですが、日本語を教える仕事を始めてみると、

学生はほとんどワンピースを読んでいるし、ほかのマンガももっと読んでいるし、

ちょっとくらい読んでおかないとなぁと思って読み始めたはいいのですが・・・

 

やっぱり無理・・・ってなりまして、20巻くらいで挫折していたのです。

 

なぜなら、同じ話の繰り返しだから!!!

 

敵が現れる→戦う→仲間が負傷(または、敵に捕まる)→ルフィ助けようとする

→ルフィ負傷(または、敵に捕まる)→ルフィの生き方に敵が共鳴→敵が仲間に

→めでたしめでたし

 

なにかというと「友情」「仲間」というキーワードが黄門さまの印籠のように

何度も何度も出てきて「もう、わかった」って思ってしまうんですよね。

 

ワンピースと歌舞伎

 まぁ、そんな感じでワンピースをなんとなくは知っているけど、

読んだことのない人は、観るのをためらわれるかもしれません。

だけど、安心してください。

ところどころで説明も入るので(舞台中で説明が入っている)

まったくワンピースを知らない歌舞伎ファンでも楽しめます。

だから、歌舞伎をみて「おもしろそう」と思ってマンガを読んで

ワンピースファンになってしまう方も多いと聞きました。

もちろん逆もしかりです。

でも、ワンピースで歌舞伎をやるっていったい誰のアイデアなんだろうって

首をかしげてしまいます。

そんなこと、誰も思いつかなそうじゃないですか。

でも、それを思いついた時点で勝負あり!ですよね!

 

ワンピースと愛

この舞台をみて一番つよく思ったことは

「この舞台を演じている人、支えているスタッフ、みんなみんな

 ワンピースがダイダイダイダイダイダイダイダイダイッスキなんやんやろうな」

ってことです。

誰が誰を演じるか?どのエピソートを選ぶか?

ワイワイ盛り上がりながら、会議したんだろうなぁ

遠慮することもなく、ああだこうだいいながら稽古したんだろうなぁと思うと

なんだかそういう仕事ができるのが羨ましいなっって

勝手に妄想して、勝手に羨ましがっております。

 

さいごに

サンジ役とイナズマ役の人、ものすごくオトコマエなので

誰だろうと思って、調べてみると「中村隼人」さんでした。

素の顔もオトコマエですが、隈取を施した顔のほうがイイです!

見得の眼力も人を引き込む不思議な力がある!!

最後のイナズマの舞踊(?)っぽいところがすごく好きでしたー。

これからも応援しています~

 

あなたの心に大航海を。

では、また~。

http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/images/posteromote.jpg

 

 

 

 

ONE PIECE  1 (ジャンプ・コミックス)

ONE PIECE 1 (ジャンプ・コミックス)

 

 

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

 

 

関連記事☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com