読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

【オススメ絵本】読み聞かせに最適!0歳児に贈りたい絵本5選

絵本 育児

半年ほど前に出産した友達に会いにイオンモールへ。

出産してから初めてなので、

赤ちゃんにプレゼントを買いました。

わたしはこどもに対してのプレゼントは

基本、絵本かおもちゃと決めています。

(わたしだったらほしいから)

 

こんばんは。

わかばです。

 

というわけで、

今日は友達の娘ちゃんにこちらの絵本をプレゼントしました。

くつくつあるけのほん (福音館あかちゃんの絵本)

林明子さんの本は、

絵もかわいいし、ノスタルジックだし、

文章はリズムがあって読みやすい。

わたしは特に「おつきさまこんばんは」が好きなんだけど、

この本に夢中にならない子どもはいません!

いや、マジで。

 

まぁ、苦渋の選択でこの本になったのだけど、

これもいいな、あれもいいな、と候補になった本を、

ここで一挙に紹介しちゃいたいと思います!

では、いってみましょう!

 

1冊目 もこもこもこ

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 言わずと知れた谷川俊太郎の名作です。

ほとんど意味のない言葉の羅列と

何を表しているのかわからない絵の連続なのですが、

なぜか子どもはみんな大好きな1冊。

何度も読めとせがまれ読んでいるうちに

こどもは全文暗唱してしまうでしょう。

その姿にあなたもきっと感動すること間違いなしです!

 

2冊目 まるくておいしいよ

まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん)

まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん)

 

 

最初は丸の形だけが書いてあり、

それが実は何の影だったか、考えながら読み進められる

コミュニケーション絵本です。

絵のクオリティも高くて、おいしいそうな丸い食べ物が

たくさん登場します!

これも子どもが何が出てくるのかを覚えてしまい

ドヤ顔で「ドーナツ!」とか「みかん!」とか言ってきますので

「〇〇ちゃんはかしこいなぁ~」と褒めてあげましょう!

 

3冊目 うずらちゃんシリーズ

うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

 

 わたしの娘が赤ちゃんだったころはこれ1冊だったんですが、

今はシリーズになってて3冊くらいあるんですねえ。

ついつい読みたくなっちゃいました。

うずらちゃんとひよこちゃんがどこにいるか

探しながら読み進めるかたちなので、

子どもが自信たっぷりで「ここ!」

と指差してくれます。その短い指のかわいいこと!

 

4冊目 こんなときってなんていう?

すっくのこんなときってなんていう?おうちのなかで

すっくのこんなときってなんていう?おうちのなかで

 

 日本語教育でいうところの場面シラバスの本です(笑)

状況が設定してあって、そのとき、どういうふうに言ったらいいか

一緒に考えながら表現方法を増やしていける良書です!

家族とのコミュニケーション編、

お友達とのコミュニケーション編とあります。

揃えて買われることをお勧めします。

ちなみにうちの娘が2歳くらいのとき、

「初めて会ったお友達に名前を聞きたいときなんていう?」

と聞いたら、

「だれ?」

って言っていました。(笑)

 

5冊目 くっついた

くっついた

くっついた

 

 「〇〇と〇〇がくっついた!」と

スキンシップの大切さを教えてくれる本です。

これもシリーズで、今日本屋に行ったときにはこれはなかったけれど、

「なーらんだ」はありました。

それから、娘の赤ちゃん時代にはなかった

「わたしの」というのが出てました。

 絵もかわいくて、文章のリズムもよく

読んでいて楽しくなる絵本でした。

 

以上です!

0歳児のママ、お祝いを探している方、

ぜひご参考にしてくださいね。

 

番外編 ママへのプレゼント

杏のふむふむ (ちくま文庫)

杏のふむふむ (ちくま文庫)

 

 ママにも育児の合間に楽しく読めるものを…と思い、

こちらをプレゼントしました!

わたしは読んだことないんですけどね(笑)

 

0歳児に絵本を。

では、また~。

 

オススメ絵本シリーズ☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com