言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

滋賀【醒井養鱒場】鱒の生態を学んで味わう!家族連れにオススメの穴場スポット!

米原キャンプの続きです。

ってもう2017年も終わってしまう~。

 というわけでさっそく行ってみましょう!

 

こんばんは。

わかばです。

 

キャンプ場をでたあとで、

平日でも人が並んでいると有名なこちらへ。

f:id:wakaba78:20171228224307j:plain

なんと日本そば発祥の地!

 入るまで、20分くらい待ち、

入ってからも20分くらい待ちました。

平日でもこのくらいは普通だそうで……

「そんなに人気なんやったら、どんなそばがでてくるんやろか……!」

と期待して待っていたら、

f:id:wakaba78:20171228224300j:plain

こんな感じで、蕎麦湯も一緒に出てきました。

見た目は普通です。

 

 

食べても……

 

 

ん?

 

 

んん?

 

 

普通です。

あれ?

「おおー蕎麦の良い香りがー」とか

「おおーさすがに歯ごたえがー」とかはなく、

普通に普通のそば。

普通においしいそば。

 

なんでこんなに並ぶのかな?

と思ったら、多分店内のオペレーションの問題かと。

 

さて、気を取り直して、醒井(さめがい)に。

小学2年生のときに遠足で来た記憶のある

醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)

f:id:wakaba78:20171229084245j:plain

 キャンプ場からは車で20分くらいのところにあって、

わりと山の中を進みました。

この時期は11月中旬でまさに紅葉シーズンまっただ中

 ってことで、そらもう美しかったです。

f:id:wakaba78:20171228224154j:plain

駐車場に車を止めて、いざ中に入ります。(駐車場代400円)

f:id:wakaba78:20171228224208j:plain

もう、なんか歓迎アーチからして寂れ感がハンパない……

f:id:wakaba78:20171228224250j:plain

こういう建物を通って中にはいるんですが、

以前は食事処としてにぎわっていたであろうと思われますが、

今では、冴えないお土産が何点かあるばかりで、

こちらも寂れ感がただよいまくってます。

 

f:id:wakaba78:20171228224231j:plain

ここでお金を払います。

大人は500円

大学生・高校生300円

中学生以下は無料です。

f:id:wakaba78:20171228224339j:plain

 伊吹山麓の美しい水を利用して、

鱒を育てているところを、一般にも開放しているって感じですかね。

研究施設なんかもあります。

f:id:wakaba78:20171228224239j:plain

ここは採卵場。

実際に11月は採卵の季節だそうで、

職員さんに「これから採卵なんですー」

って教えてもらいました。

f:id:wakaba78:20171228224321j:plain

園内の紅葉、今写真を見ても、

本当にキレイ……

f:id:wakaba78:20171228224352j:plain

鱒が泳いでいます。

このあたりは湧水がたくさん湧いているらしく、

f:id:wakaba78:20171229084256j:plain

泉がありました。

泉ってイメージだけで、

実際見たこともないから、

目の前にあっても「ふーん」くらいの感想しかない……(ごめんなさい)

f:id:wakaba78:20171228224332j:plain

もちろん、釣り堀もあります。
何人かが釣りをしておられます。

釣れるんかな?

 

というわけで、我々も釣りへ。

f:id:wakaba78:20171229084224j:plain

ここの鱒は釣り上げたらすべて買い取りです。

竿は貸してくれますし、エサもくれます。

(練り餌と鱒の身……共食い???)

しかも、相当お腹すかせてあるのか、

すぐかかります!

 

f:id:wakaba78:20171228224420j:plain

あ!かかった!!!

小さいのなら、すぐつれます。

 大きいの狙いだと、もう少し時間がかかります。

f:id:wakaba78:20171228224348j:plain

大きいのを釣ってお刺身にしていたお客さんもいました。

うちは塩焼きにしてもらいました。

f:id:wakaba78:20171228224410j:plain

こういう感じで塩焼きにしてもらえます。

f:id:wakaba78:20171228224401j:plain

 

どどーん!

焼けました!

 

おいしそうでしょう?

全部子どもが食べました。

 

(泣)

 


というわけで、

鱒を食べて京都に帰りました。

30年ぶりの「醒井養鱒場」

とても楽しかったです。

 

晩御飯に鱒を

では、また~
 

滋賀関連記事☆こちらもどうぞー

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com