言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

2017年に観てよかった映画5選+観なくてもよかった映画1選

1週間と少し前まで2017年だったのに、

もうずいぶん昔のような気がする

2017年と言う響き。

そうやって、年をとっていくんですね。

 

こんばんは。

わかばです。

 

昨年は一昨年と比べて、

あまり映画を見ていない年でした。

忙しいという言葉は好きではないけれど、

時間がなかったんだと思います。

(扶養外れたっていうのもある)

 

そんななかでも、面白かった映画を5つ紹介したいと思います。

話題作はほとんど観ていません。

だから、正直言って

なんの参考にもなりそうにない5選で

ほんとうにすみません。

でも、とにかく行ってみましょー!

 

観てよかった①「あゝ、荒野」

あゝ、荒野 (特装版) Blu-ray BOX

これは最高でしたねー。

もう菅田将暉にほれぼれしてしまいましたよ。

それだけでなく、ボクシングシーンとかも手に汗握る展開で、

「ああ、このままずっと映画が終わってほしくない」

って思いながら観ていました。

 

観てよかった②「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

マンチェスター・バイ・ザ・シー (字幕版)

もう思い出しても哀しい映画です。

主人公の哀しい過去とどうしようもない現在と

まだ見えない未来を行き来しながら、

生きてるってこういうことやんなって

深くうなづいてしまうと思います。

 

観てよかった③「ムーンライト」

ムーンライト(字幕版)

これも哀しい映画なんですよね。

でも、そういう映画のほうが心に残るものなんです。

それは画面に溢れる哀しみの中に

あたたかい光みたいなものが見えるからかもしれません。

それは、この映画でいえばシャローンが「ずっと好きだった人」

そんな映画でした。

 

観てよかった④「ローマ法王になる日まで」

ローマ法王になる日まで [DVD]

これはすごく心に残っているシーンがあるんですよね。

主人公が異国の教会で殺された何人もの人々を想い、

泣きながら祈っているとき、

同じ南米出身のおばちゃんが

「いつかマリア様が結び目を解いてくださる」

というシーン。思い出すだけで、胸が熱くなってきます。

wakaba78.hatenablog.com

観てよかった⑤「カレーライスを一からつくる」

カレーライスを一から作る: 関野吉晴ゼミ (ポプラ社ノンフィクション―生きかた)

命とは何か?

食べるとはどういうことか?

その問いに真っ向から挑む冒険家関野吉晴のゼミ生。

その授業は正真正銘の「教えない授業」

実際にやってみることを通して得られる気づきが、

人を育てるのだということがよくわかるドキュメンタリーです。

wakaba78.hatenablog.com

 

観なくてよかった 「関ヶ原」

関ヶ原 Blu-ray 通常版

原作のほうがずっとおもしろいです。

セリフが小さくて聞きづらかったのが、

正直、観に行って公開した理由のひとつです。

あまり合戦シーンには興味もなく……

非常に残念な映画でした……

wakaba78.hatenablog.com

 

以上です。

今年もたくさんの映画にであえますように。

では、また~。

 

関連記事☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com