言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

「まいにち哲学」トーク&サイン会に行ってきたよ

2週間前の雪の日、

こちらのトークショーに行って来ました。

場所は大垣書店のヨドバシカメラ京都店

 

こんばんは。

わかばです。

 

f:id:wakaba78:20180212225302j:image

初めて会った原田まりるさんはとても素敵な方でしたし、

トークはとってもおもしろかった!!

 

ちょうど1年ほど前、

毎月参加している読書会のうちのひとつで、

(毎月さんかしている読書会は3つある)

課題本がこちらだったのです!

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

とっても楽しく読めて、

しかも、こんなにわかりやすく哲学について

語ってくれるなんて!!と本当に感動していたんです。

(その時の感動のブログはこちら↓↓↓)

wakaba78.hatenablog.com

そんな原田まりるさんが新刊を出すらしい……!

しかも、サイン会もあるらしい……!

ってことを大垣書店のメルマガで知って、

今回のサイン会を楽しみにしてたというわけ。

 

で、その新刊というのがこちらです。

まいにち哲学

なんと、366日分の哲学者の箴言が、

日めくりで楽しめるというスグレモノ!

というか、またまた、さらにわかりやすくしてくれて、

本当にありがとうございます。

原田まりるさんのおかげで、

どんどん哲学が身近になり、

落ちこんだ時、いろんないい言葉を思い出せるので、

精神衛生上とてもイイ!

 

そんで、トークショーは原田まりるさんが、

「あなたの好きな言葉は?」って尋ねたり、

質問を受け付けてくれたりで、

なんだか一体感があってよかったです。

 

わたしも質問させてもらいました。

「わかりやすくするためにしていることは何ですか?」って。

そしたら、読んだ後とかに友人とかと話すっていうか、

意見交換みたいなことをするっておっしゃっていました。

やっぱ、読んで終わりじゃなくて、

そういうふうにしないと、自分のものとして

深まっていかないんですよね。

深まっていないことには、

やっぱりわかりやすくはなり得ないんだなって思いました。

 

それから、興味深いハナシもあって。

最初は哲学者の言葉をそのまま読むだけでいいけど、

慣れたら、疑ってみてほしいって。

そうすることで、自分のオリジナルな考えが育つからって。

「守破離」みたいに。

なるほどね。わたしはまだまだ吸収段階だけど、

もう少ししたら、疑ってみようと思いました。

 

あ、そうそう、わたしの誕生日の言葉は、カントの言葉でした。

「非社交的な特性がなければ(…)すべての才能は萌芽のままに永久に埋没してしまっただろう」

どんな意味かというと、

強調的な空気があなたの才能を殺し、埋没させることもある。周囲に合わせないことで磨かれる才能もあるのだ 

ということ。

なるほどなぁー。

 

最後に握手をしてもらい、

サインをもらい、

記念撮影させてもらって終了。

一人一人違う言葉が書いてあるカードをもらって、

本日は終了。

いやぁ、行ってよかったです。

大切に読みます。

 

f:id:wakaba78:20180212225627j:plain

自分らしさにこだわりすぎているところあるかもしれません。

f:id:wakaba78:20180212225659j:image

サインもいただきました!

 

また、明日も読もうっと!

では、また~。

 

関連記事☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com