言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

読書会「あきらめ会」はじめます!

桜もすっかり散ってしまった京都から

こんばんは。

わかばです。

いきなりの更新でどうしたん?

と思われるかもしれませんが、

この度、以下のような内容で

読書会「あきらめ会」を始めることにしました。

 

============

 

参加対象者:語学に携わる方ならだれでも

参加費用:1000円(場所代として)

日時:4月20日(金)19:00~

場所:京都市内某所

持ち物:課題本

    初回は三木清「人生論ノート」

人生論ノート (新潮文庫)

読書会だけど、読んでくる必要はありません。

参加希望の方は

writerwakaba3211@gmail.com

までお知らせください。開催場所を伝えます。

 

============

 

どうしてこのような会をするかというと、

教えるっていう仕事には学ぶことが不可欠だから

と感じているからです。

 

それも「すぐ役に立つこと」ではなくて

「今は役に立たないかもしれないけど、

 ゆくゆくは役に立つであろうこと」

を学ぶことが大事だな、と。

 

そうはいっても、一人でもんもんを読んでいてもつまらないし、

何を感じたかも忘れてしまう。

それに、忙しくなったりすると

すぐ読まなくなったりするんですよね。

 

だから、定期的に誰かと読むという時間を

持てたらいいなぁとずっと思っていました。

(参加している会はいくつかありますが)

 

それを実行しようというわけ。

 

実際、知り合い4人で「百年の孤独」を読む会

を始めてみたりもしました。

だけど、「ここまで読んでくる」と課題にしても、

なかなか読めない(わたしも含めて)。

だから、結局自然消滅的に集まらなくなりました。

 

今回は、そのリニューアル版との意味も込めています。

 

ゲストを呼んでいろいろ話したり、

語学教育に関する論文なんかを読んだりもしたいなーと、

いろいろアイデアだけはあります。

誰かと形にしたいな、と思っています。

 

場所は押さえてあるんですが、

わたしがぐずぐずしていたせいで、

告知がこんなに遅くなってしまって……。

 

まぁ、最初はひとり読書会でもいいか

って思いながらこれを書いています。

ここからいろいろなものが生まれたらいいなぁと思ってます。

どうぞよろしくおねがいいたします。

 

わかば