読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

本No13【服を買うなら、捨てなさい】とりあえず6着捨てました。

小さいころから、

自分をきれいに見せることが苦手でした。

今も苦手です。

どんな服を着ればいいのかわかりませんし、

メイクも超苦手です。

髪型は、最小限のケアでまとまる髪型です。

それなのに、メイクをしていないと社会人失格だし、

毎日人に会う仕事をしているので小ぎれいにするのは義務です。

手当り次第に安い物を買いあさり、

ドラッグストアのメイク用品や、

ユニクロ、GU、H&Mの服がどっさりたまり、

上手くできないから余計に嫌いになるという悪循環に

陥っていました。

こんばんは。

わかばです。

そんな私にとって福音ともいうべき1冊を、

紹介したいと思います。

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

 

捨てる !

私の悪いところは、どうしても安い服を買ってしまうところなんです。

安い服は劣化も早いし、なんだかモサいのです。

ダサいじゃないのです。モサいのです。

「おしゃれな人」とは「ダサいものを着ない人」のことです。   

 そうです!先生!わかってるんです!じゃあ、どうしたらいいんですか?!

①いらないものは捨てる

②どうでもいいものを買わない 

わかりました!捨てます!では何を捨てたらいいのですか?

服の処分の原則は、とにかく「自分にマイナスポイントを与えるものを家におかない」ということです。 

 うーん。ちょっとやってみます。ガサゴソガサゴソ・・・

f:id:wakaba78:20160114162351j:plain

とりあえず、これだけもうほとんど着ていない服がありました。

(本当はもっとあります。でも今日はとりあえず・・・)

ほとんどが体型の変化のため着られなくなった服です。

でも痩せてももう着ないと思います。

左の柄のブラウスに至っては、どうしてこんなの買ったのか、

過去の自分に問いただしたいです。

真ん中のグレーのアンクルパンツも1回も履いていません。

お尻と太ももがあまりに強調されるから・・・。

多分まとめ買いで安くなるとかそんなんで。

服さんたち、ごめんね。ありがとう・・・。

そして誓います。もうどうでもいいものは買いません。

着る!

じゃあ、何を着ればよいのでしょうか?

「今週2回以上は着たい服」をつねにワードローブのメインアイテムにしましょう。

なるほど。

私の場合は、

スグリーンのカーディガン

紺色のジャンパースカート

ツイードのジャケットです!

でも、カーディガンにタイツにスカートばかりです。

色はモスグリーンとかカーキばかりです。

これでいいんでしょうか?

スタイルとは究極のワンパターンのことです。

おしゃれな人は、みんなスタイルを持っています。

おしゃれになるということは、自分のワンパターンをみつけることなのです。

そうなんですね!

ありがとうございます!

この時代に輝くのは、自分の好きなもの、ほんとうに大切なものを知っていて、それ以外をきっぱり捨てる勇気のある女性。

そっか・・・やっぱり「自分と向き合う」ってことに行きつくんだな。

本を読むことも仕事や育児を頑張ることも大切だけど、

着るもの、食べるもの、住むところ(つまり衣食住)をおろそかにしては、

結局、心の安定は得られないってことだよね。

ブログのアクセス数とか給料とか目に見える数字にばかり

踊らされて、心ばかりすり減らしてもしょうがないもんね。

好きなものを着て、バランスよくおいしく食べて、清潔な家の中で

笑って暮らすのがいいよね。

そういう生活の積み重ねのなかに幸せはあるんだね。

 

あなたの人生にあなたのスタイルを。

では、また~。