読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

本No14【本音で生きる】今日から実践できる3つのこと

ブログを書くようになってから

すぐ読めてしまった本でも、何度も読み返して

ラインを引いたところも、「なんでここにラインを引いたのか?」

と何度も考え直して、記事にすることを考えています。

時間もかかるけど、アウトプットのトレーニングになるし、

本の内容も自分の中に落としこめるので好きです。

 
こんばんは。
わかばです。
今日はホリエモンの「本音で生きる」を紹介します。
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

 まず「本音で生きる」ってどういうことでしょう?

まえがきで、ホリエモンはこう問うています。

あなたは本音で生きているだろうか。自分が考えたことを伝え、自分が心からやりたいことに没頭し、そして自分の心に真摯に向き合っているだろうか。
うーん。私は本音で生きていないです。
でも、本音で生きないことが、だんだん嫌になってきました。
100%本音で生きるとはいわないまでも、
この本のエッセンスだけでも取り入れたい。
そしてすこしずつでも、
自分の生き方の本音度の割合をあげていきたいと思いました。
 
では、どうしたらいいのか?
1.言い訳しないこと
2.バランスをとろうとしないこと
3.「自意識」と「プライド」を捨てること。
うーん。なんだか難しそうに感じるけれど、要は、「やりたいことは、やれ!」
ってことなんだと思います。
たとえば、したい仕事があっても、「今は子供が小さいから、できない」などと
理由をつけてしまいがちです。そういう言い訳をせず、
どうしたらできるのか、考えながらするということです。
バランスについてもそうで、「いい仕事もしたいし、いいお母さんでもいたい。」
というのはムリ。ホリエモンも、
エキサイティングな人生を送るとは、何かを犠牲にして何かに没頭することなのだ。
と言っています。 
それから、「自意識」や「プライド」の点で言うと、
ブログやSNSを始めてよかったと思います。
自分のことなんて、誰もさほど気にしていないことがわかったからです。
実は寂しくもあるし、切なくもあることなんだけど、
でも、そこまで落ち込むことじゃない。
そう思うとリアルの世界でも、「まぁ、いいか」となるのです。
 
じゃあ、具体的には何をしたらいいのか?
今日から自分にもできそうな3つのことについて書きたいと思います。
30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は、片っ端から片付ける。
タイムマネジメントのこと。わたしもできるだけ早くメールの返事を返すようにしよう。これだけでも時間の無駄がなくなるかな?
極限までいそがしくする。
やりたいことは、週末野心手帳に記して、どんどんトライします。
こどもとやりたいこと、自分のために挑戦したいこと、とりあえずやってみて、
そのことをブログに書いたり、日記を書いたり・・・おおお、楽しくなってきた!
 
人間の新陳代謝を図る
私はもう10年も同じ職場で働いているので、行動しないと知り合いが増えません。新しく人に会うということを意識して、新しい場に積極的に出かけて、知り合いを作っていこうと思っています。
 
少しでも、「本音で生き」られるように日々、実践していきます!
 
日常に実践を。
では、また~。