言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

【旅行記】世界でここだけ?帯広競馬場へ行ってばんえい競馬を見てきたよ

旅行記第5話です。

 

こんばんは。

わかばです。

 

札幌で夫と合流し、

レンタカーを借りて

帯広方面に向かいます。

 

なぜ帯広なのか?というと

それは十勝の鹿追町というところで

ファームステイをするからなんですが、

小樽の乗馬体験で、

馬が大好きになった次女が

「馬みたい!馬に乗りたい!」

と何度も言うので、

それを聞いた夫が、

 

ばんえいって十勝やったよな?

 競馬みにいく?

 

とか言い出しました。

 

わたしにとっては

 

は?

ばんえい?競馬?

何それ?

状態なのですが、

同じ状態の方のために

引用しておきます。

 

ばんえい競走(ばんえいきょうそう)とは、競走馬そりをひきながら力や速さなどを争う競馬の競走である。

現在、日本国内の公営競技地方競馬)としては北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬(ばんえい十勝)」のみが行われており、世界的にみても唯一となる形態の競馬である

(Wikipediaより)

 

つまりは京都競馬場なんかで

行われているG1レースとは

まず馬種が違います。

走るのはサラブレッドではなく

ばんえい馬という大きい馬が

走ります。

その馬の重さおよそ1トン

f:id:wakaba78:20170813083825j:plain

 

競うのはただの速さではなく、

こちらも最大1トンの鉄ぞりを

ひかせて走らせるのです!

f:id:wakaba78:20170813083821j:plain

北海道の人は「ばんば」と呼んでいます。

 

詳しくは公式ページをどうぞ

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

 

というわけで、

調べてみると運よく開催日であるうえに、

ナイターもやっているという。

 

札幌から帯広に向かい、

宿泊するところにチェックインしてから、

帯広競馬場に向かいました。

 

帯広競馬場に到着。入場料が必要です。

f:id:wakaba78:20170813083635j:plain

周りには食べ物屋さんや、

お土産屋さんもあって、

明るい雰囲気。

 

焼き鳥買いました~♪

f:id:wakaba78:20170813084226j:plain

中に入ると、こんなんありました。

f:id:wakaba78:20170813083721j:plain

何もわからない女子は、

とりあえず、焼き鳥やおにぎりを

買って食べました。

お腹すいてたし!

 

その間に夫は、

馬券を買っていました。

夫にとっても久しぶりの競馬で、

紀念に1000円弱かけました。

 

レース馬と騎手の顔ぶれを見て、

どの馬にかけるか考える。

f:id:wakaba78:20170813083847j:plain

それから、

こういうマークシートに書き込みます。

f:id:wakaba78:20170813083751j:plain

そしてATMのような機械にいれてお金を払えば、

馬券がでてくるというしくみです。

 

では、レースを観に行きます!

ファンファーレがなって、

レースがはじまります!

たそがれ時だったので、

雰囲気でてます!

f:id:wakaba78:20170813084842j:plain

向こうに見えている山を馬が登ります。

f:id:wakaba78:20170813084940j:plain

すごい迫力!!!

f:id:wakaba78:20170813085126j:plain

騎手は馬にのるのではなく、

そりに乗って、

馬を走らせます!

 

あっという間のレース!

もちろん馬券はハズレ……でしたが、

帯広競馬場に来られたのは

値打ちがあったと思います!

 

最後に次レースのパドックを見ました。

f:id:wakaba78:20170813083902j:plain

本当に大きくて美しい馬。

北海道は開拓時代から、

馬とともに人間の生活があったことを

こういった形で今に伝えています。

 

そういえば、「北の国から」でも

遭難しかかった純と雪子おばさんを

笠松のじいさんの馬が助ける

というシーンがありましたね。

 

f:id:wakaba78:20170813085615j:plain

 

さて、レースも終わったことだし、

帯広名物の豚丼を食べて帰ろうと思っていた時、

すでに7時すぎ。

有名店はすべて閉店していたので、

仕方なく、帯広市内から40分かかる

宿泊牧場まで帰りました。

夕食はもちろんセブンイレブン。

 

あなたも競馬を。

では、また~。

 

北海道旅行記バックナンバー☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com