言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

映画No56【エル・クラン】毒親からは逃げろ!逃げ切れなかった男の子の悲劇を描いたアルゼンチン映画。

友人からお土産いただきました!

f:id:wakaba78:20161018214145j:plain

原木しいたけが乾燥しているのに、ジューシーでした!

あ、でも乾燥させたしいたけって干ししいたけ?

いやいや、「そのままたべるきのこ」でした!

 

こんばんは。

わかばです。

 

エル・クラン(2015/アルゼンチン)

9月に観たい映画で紹介させてもらったエル・クラン。

とりあえず、ラテンアメリカ映画ってえと観たくなります。

しかも、アルモドバル製作ですって!

というわけで、遅ればせながら観てきました。

wakaba78.hatenablog.com


「エル・クラン」予告編

監督:パブロ・トラペロ

主演:ギレルモ・フランチェラ

あらすじ:

1983年のアルゼンチン、裕福なプッチオ一家は近所の評判もよく、幸せに生活していた。ある日、二男が通う学校の生徒が誘拐され消息を絶つ。それ以来、一家の周辺で金持ちだけがターゲットにされる身代金誘拐事件が続発し、近所の住民たちは不安を募らせる。一方、いつも通りの生活を送るプッチオ家では、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ)が鍵のかけられた部屋に食事を運ぶと……。 

 (Yahoo映画より)

※結末にはふれずにネタバレしています。

 

南米

いや~、もうさすが南米というしかないですね。

「El エル」というのはスペイン語の男性名詞につける定冠詞で、

「Clan  クラン」というのは一族という意味みたいです。

おそろしい一族ですよ。これ実話なんですよ。実は。

もう、お母さん(誘拐のことは知らない)が、鉈のような包丁で、

チキンをぶった切っているシーンなんて、それだけで震え上がります!

身代金目的の誘拐なんてやってたら、いつかばれそうなのに、

なかなかばれないんですよねー。それは政府の内部に親しい人がいて、

ターゲットを教えてくれたりするからです。

この時、アルゼンチンは軍事政権時代。

当時の映像も頻繁に流れます。

 

毒親

で、中心となっているのはお父さんなんですが、

2人くらいの男に手伝わせています。

そして、もちろん息子にも手伝わせています。

息子に息子の友人をそそのかさせて、誘拐とかするわけです。

それで、「よくやった。息子よ。さすがは、わたしの息子だ。」

とかいうわけです。そう言われたときの息子、次男なのですが、

嬉しそうな顔が、辛いです。

どんなに極悪非道の犯罪者だって親は親。

子どもは親にほめられたらうれしいですよね。

そうやって、こどもを自分の悪の道に引き入れるって、もう最悪です・・・。

ちなみに、三男はこの事件を知らされていませんでしたが、

親たちがやっていることをみて、逃げます。

長男も逃げていたのですが、帰ってきます。

(その理由がちょっとわからないんですが・・・)

 

http://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/31/a6/356856_004.jpg

 

恋人

子どもが親から巣立つ時は、恋をする時です。(たぶん)

親の価値観だけじゃなく、新しく出会った異性と、

その価値観を分かち合うこと。まぁ、それが恋ですよね。

次男は恋をし、自分が親とやっていることに疑問を抱き始めます。

(遅いわっつう話なんですが)

そして、彼女を好きになれば、好きになるほど、

誘拐の手は鈍っていく次男・・・。

でも、三男のように親との縁を切ることもできずに、

「もう、誘拐はしたくない・・・」というのが関の山・・・。

そして、何も知らない彼女と結婚し、

ついには、身代金の金で新居まで購入します・・・。

 

http://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/22/5f/356856_012.jpg

ラスト

映画はラストに向かいます。

誘拐がうまくいかなくなると、お父さんは焦り出します。

そうなると、すべての歯車が狂いだして、

ついには警察に踏み込まれ、逮捕されます。

 

そして、そこからが・・・!!!

 

それぞれの本性があらわになるこの映画のおもしろいところです。

最後は本当にビックリします!!

 

映画館で衝撃のラストを。

では、また~。

 

スペイン語映画いろいろ☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com