読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

映画No65【湯を沸かすほどの熱い愛】愛は自分から差し出すもの。そうすれば帰ってくるもの。

映画

ブログのアクセスというかPVが、

いまいち伸びないのが悩みの種です。

好きなように書いてるので、

しゃーないかもしれません。

 

こんばんは。

わかばです。

 

湯を沸かすほどの熱い愛(2016/日本)

最近、なぜか日本映画ばかり見ている気がする。

 この映画、「余命2か月」がどうのとかなので、

お涙ちょうだいものなのかなと勝手に思って、

もうDVDでいいかなぁと思ってたんですが、

なんとなく宮沢りえっていうのが気になって、

劇場に足を運んでみました。

 

結論から言えば、行って良かった~なんですけどね。

 


宮沢りえ主演 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編

監督:中野量太

主演:宮沢りえ

あらすじ:

1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

(Yahoo映画より)

 

監督、京都出身なんですねー。

知らなかった。

「チチを撮りに」の監督さん。

「チチを撮りに」見てないな、観てみよー。

 


映画『チチを撮りに』予告編

チチを撮りに [DVD]

チチを撮りに [DVD]

 

 

 宮沢りえの迫力を見よ!

主演は宮沢りえ。

いやぁー、すごかったです。宮沢りえ。女優魂。

痩せてて、ほとんどすっぴんでアップになった時とかは、

「あ、老けたなぁ」って思ったけど、

でも、だんだん弱っていく様子が、

本当にガンの患者みたいで、すごかったです。

もー、「宮沢りえ、すごいわ」としか、

言葉がでてきません。

 

https://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/d1/06/356327_001.jpg

 あと、杉咲花ちゃんもよかったです。

クックドゥーのCMでぐっさんと

回鍋肉食べてるインパクトが強くて

「あ、回鍋肉の子・・・」って思っちゃいました。

彼女は声がいいですねぇ・・・

あのくぐもったような声。

 

えっと、それから、松阪桃李も良かったー。

彼は見れば見るほど味がでる役者さんじゃないですか?

初めて見た時は、「ふうん、だれ?」って感じだったけど、

ドラマにせよ、映画にせよ、いろんな役やってて、

いつもハマってる感じでいいです!今回も脇役だったけど、

良かったです!はい!

もっかい「ゆとりですがなにか」を見たくなったよ!

wakaba78.hatenablog.com

 

いじめ克服のシーンはすごい!

予告編見てもわかると思うけど、

娘の安澄ちゃんが、高校でひどいいじめに遭います。

そんで、「学校いきたくない」とかいうんだけど、

お母ちゃん、許してくれないんです。

「立ち向かう勇気を持て」とか言うんです。

え?そんなこといっちゃっていいの?

「逃げてもいいよ」っていうんじゃないの?

って思いましたけど、でもね、なんとか立ち向かって、

自力でかいけつしちゃうんですよね。

まぁ、逃げるのは、立ち向かってからでもいいんだし。

 

抱きしめて愛を伝える!

あと、松阪桃李演じるフラフラしてる旅人の、

タクミくんを抱きしめるシーンも良かった。

男と女じゃまったくなくて、

どこからどうみてもおかあさんとこどもなの。

そんときのタクミくんは恥ずかしさのあまり、

両手をどこにもっていったらいいかわからなくて、

手がペンギンみたいになってて、

本当にこまかい演技やけど、

そういうところがリアルで笑えました!

さすが、松阪桃李さんです!

タクミくんはお母ちゃんに愛をもらって、

フラフラすんのやめて、自分の道をみつけます。

 

愛は自分から差し出すもの

おかあちゃんの育った家庭も複雑で、

じつはおかあちゃんもおかあちゃんに

十分な愛を注いでもらったとはいえない女性。

この映画で一番ふるえるメッセージは、

愛は自分から差し出すものだっていうこと。

たとえ、自分が誰かの愛を受け取れなかったとても、

自分のすべてをかけて、人を愛する。

行動にうつす。そうすれば、愛は自分のもとに

戻ってくるんだ・・・。

そんなことを感じた映画でした。

 

お風呂はいりたい・・・。

では、また~

 

日本映画いろいろ☆こちらもどうぞ

wakaba78.hatenablog.com

wakaba78.hatenablog.com

 

wakaba78.hatenablog.com