言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

ランキング【2016年に映画館でみてよかった映画】5位から1位まで

2017年もはりきって映画観ようと思っています。

でも、なかなか時間が取れないのも事実……。

なんとかして時間を捻出したい2017年です。

 

こんばんは。

わかばです。

 

さて、昨日に引き続き、5位から1位までです。

ランキングをつけるの難しいですね。

でも、ランキング上位は、

心の振れ幅が大きかった映画になってます。

「知らなかった!」とか

「人間って、世界って素晴らしいものなんだ!」とか

文字通り、感動させられた作品が上位になっています。

 

5位 ルーム

ルーム(字幕版)

これはすごかったですね。

逃げ出してから、子供が「世界」を知っていく後半が素敵でした。

これを観ると、「子供は親だけが育てるんじゃない」ってわかります。

おじいちゃん、おばあちゃん、友達、自然…すべてが子どもを育ててくれる。

たとえ、親が落ち込んでいても、

子供がそれを支える存在にだってなってくれる。

それが丁寧に描かれた素晴らしい映画でした。

wakaba78.hatenablog.com

4位 スポットライト世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

今、予告編をチラッと観たのですが、

「ああ、これもう1回観たい~」って思いました。

この映画は「言葉の力」を感じさせてくれます。

映像は淡々とした描写が続きますが、演者のセリフに力を感じます。

「神父の罪が明るみに出た場合、誰が責任をとる?」

「じゃあ、出なかった場合の責任は?」とか。

最高です。

wakaba78.hatenablog.com

 

3位 永い言い訳

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/82616/photo/e04e01eff7746949/320.jpg?1467016949

これもね~すごく好きな映画です。

でもね、やっぱりどうやって言葉にしたらいいのかわからない。

そういう言葉にならない人生のグルグルが

全部詰まっているから、心をつかまれるのでしょうね。

モックンがすごくいい味出していました。

wakaba78.hatenablog.com

 

2位 この世界の片隅に

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/82278/photo/507e0f31f5a568e5/320.jpg?1474596204

今、京都の立誠シネマで公開中なので、

まだ観ていない京都の方はぜひ観に行ってみてくださいね。

わたしももう一度行きたいなぁと思っているところです。

この作品のすばらしさは各所で語られている通りです。

そして、音楽もすごくいいのです。

コトリンゴさんの「悲しくてやりきれない」…ほんとやりきれない…

wakaba78.hatenablog.com

 

1位 湾生回家

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/84218/photo/3f957571fe6dd0c9/320.jpg?1469758098 

これは2016年、最高の一本でした。

やっと観られるというじらせ感、その期待を裏切らず、

その上を行くドキュメンタリー。

「事実は小説よりも奇なり」を改めて感じました。

年末の劇場はほぼ満員で、観客はやはり年配の方々が多かったです。

自身が湾生だという方もいらっしゃったことと思います。

ぜひ、一人でも多くの日本人、特に若い人に見てほしい一本です。

 

wakaba78.hatenablog.com

 

以上でした。

もう1回観たい作品もたくさんあります。

2017年も2度、3度と観たくなるいい映画に出会えますように~。

 

2017年も、映画ライフを。

では、また~。